整備工場GW休業のおしらせ:2024年4月30日(火)〜5月4日(日)まで、誠に勝手ながら、整備工場を休業とさせていただきます。

2024.03.28
  • その他

【2024年】新生活向けのおすすめ4選!北海道の新生活を応援します!

皆さんこんにちは!

「軽自動車で北海道を元気に」北海道軽パークです!

進学や就職など、春からの新生活に向け生活のサイクルもまた回ります。新しい学期、生活などに向いて3月には準備で忙しい日々ですよね。特に北海道で新生活を始まる際にはおクルマが必須であること!皆さんはそう感じましたか?

しかしおクルマは高価で収入や貯蓄がまだ少ないために購入のハードルが高いと感じる方もいるでしょう。そこで、軽パークでは社会人1年目でも無理なく検討可能なおすすめの車種を用意してみました♪

軽自動車は維持費や予算的な面で新生活を始まる方のニーズにまた応じることができるのが魅力です!さらに北海道なら美しい景色がいっぱいございますので自然の中にある宝物を探す気持ちで冒険を楽しむこともワクワクですね!そのための一台を一緒に探します!

お客様が心配なくカーライフを楽しむことを可能にするため、当店ではカーライフに必要な全てを提供させていただきますので、よかったら当店自慢のシステムもご覧ください!

北海道の生活で車は必須!

北海道で生活するうえで車は必要不可欠なものであり、「一家に一台」ではなく北海道では「一人に一台」が当たり前になっています。

その理由を一緒に理解してみましょう!

理由その1 広大すぎる大地を行き来するため

北海道は広大です。北海道にずっと住んでいる人でも遠すぎて行ったことのない地域があったりするほどですし、面積だけ見たらヨーロッパのオーストリア共和国とほぼ同じでございます。

そのため、街どうしの距離も離れて、JRやバスが充実していない地域に行く場合は車一択になります。

札幌や旭川、函館などの都市間とその沿線にある街を移動するにはJRや高速バスが便利ですが、それ以外の地域になると便数が激減するか、そもそも管理の難しさでJRが廃線していたりするので、休日に道内を観光したいという人は車が必要でしょう。

理由その2 買い物のため

北海道に限った話ではありませんが、毎日の買い物に車はあったほうが便利ですね。

重いものを買ったりした時はもちろん、スーパーやドラッグストアくらいしかない街に住んでいる場合は食料品以外の衣料品や電化製品などを買いに大きな街に行く必要があります。

近年、大型の商業施設は郊外型が多くなってきて、駅前にはお店がないことが結構あります。

JRやバスで隣の街に行っても、大型商業施設が駅から離れた場所にある場合はバスを乗り継ぐかタクシーで行かなければならないので、車が活躍時は北海道では頻繫ですね。

理由その3 冬は車がないと大変

北海道の冬は特に車の必要性を感じるはずです。

通勤時間の際はとても寒く、地域によっては-20℃前後になる場合もあります。その寒さの中徒歩で通勤したり、バスを待っているのは道民でも結構キツイです。

住宅街では雪で歩道がなくなり車道を歩かなければいけないこともあるので、歩く側もドライバー側も気を遣わなければなりません。さらに、冬は大雪や吹雪によって公共交通機関がストップすることがよくあります。

車があれば余裕をもって移動すれば目的地に着くことができるので、冬は車があると安心です。

社会人1年目の方におすすめの軽自動車4選!

ダイハツ「ミライース」  

ダイハツ「ミライース」は軽自動車の中でも特に低価格で購入できる点が魅力です。資金の余裕次第で、現金一括購入を視野に入れてもいい1台といえるでしょう。

ミライースは低価格でありながら高い品質と優れた安全装備を兼ね備えており、燃費の良さは軽自動車の中でもトップクラスとなっています。

購入予算の限られる社会人1年目の方でも安く購入できて、ガソリン代も抑えながらコスパ良くカーライフを送ることができるでしょう。上級クラスに劣らない安全装備は、まだ運転に慣れていない方にとって安心できる要素のひとつでもあります。外観・内装ともにシンプルかつスタンダードなデザインとなっており、男女問わず乗りやすい点も魅力ですね♪

スズキ「ハスラー」

スズキ「ハスラー」は広々とした室内空間と、SUVの走破性を兼ね備えたクロスオーバーSUVです。街乗りはもちろん、雪道や悪路などでも活躍してくれるため、普段の通勤や買い物だけでなくアウトドアにも乗れる車を探している新社会人の方におすすめといえます。

また、ハスラーは個性的で存在感のある外観も魅力です。2014年に登場した初代モデルはグッドデザイン賞を受賞しており、車のデザインにもアクセントが欲しいという層からも人気があります。

ホンダ「N BOX」  

ホンダ「N BOX」は2022年上半期に販売台数が10万3,000台を突破し、新車販売台数において1位を獲得した大人気の軽です!

軽自動車の中でもトップクラスの広さを誇る室内空間があるため、友人や家族と複数人でドライブを楽しみたい新社会人の方にもおすすめです。

また、N-BOXは全タイプに先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備しているため、初めて持つ車は安全性にもこだわりたいという方にも向いています。走行性能、燃費性能ともに優れており、幅広い層から高く評価されている人気車種です。

ダイハツ「タント」

現在主流となっている「軽スーパーハイトワゴン」の火付け役であるタントは圧倒的な室内空間の広さが特徴!タントだけが持つ「ミラクルオープンドア」で後席への乗り降りがしやすく、ロングスライドシートで車内の移動もスムーズに♪お子様からご高齢の方まで全ての人に寄り沿った車です

ファミリー&レジャー向けのスーパーハイト系の元祖として誕生したのが初代タントであり、子育て世代向けの親しみやすさや使い勝手をコンセプトの要点としてきた。高い天井と広いウインドウがもたらした見晴らしの良さや軽作業がしやすい車内設計、乗降性の良さなどを特徴とする。2代目以降は左側(助手席側)ドアをピラー機能をスライドドア内に移したセンターピラーレス構造を採用し、乗降性と積載性をさらに向上した。

バナー